合格者の声

東大・京大・阪大・神大・その他難関大学合格者の声2021

合格した先輩から後輩たちへのメッセージ

このページは、大学受験現役合格をめざすキミたちへ向けた先輩たちからのメッセージです。ここでは、2021年春に現役合格した先輩たちが受験勉強を振り返って、自身の体験から「オススメの勉強法」を語ってくれています。ぜひ、読んで参考にしてみてください。

また、受験生への応援メッセージも含まれています。これらのメッセージがキミたちの「志望大学に合格したい!」「受験勉強をがんばろう!」という思いを強くするものになれば幸いです。

東大合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
東京大学 理科一類 A.Yさん 甲陽学院高校卒 明日から頑張ろう、明日から勉強だ。その考えではダメです。明日から頑張るんじゃない、今日、今日だけ頑張るんだ。今日を頑張った者、今日を頑張り始めた者にのみ明日が来ると思います。
東京大学 理科一類 Y.Rさん 甲陽学院高校卒 受験勉強で一番大切なことはいかに早い段階からコツコツと勉強をするかだと思います。普段から授業や塾の予習・復習をして、小テストや定期テストの勉強をしっかりとして基礎を固めることが何よりも大切だと思います。そうすれば高3や直前期に変に焦ったりせずにしっかりと受験に備えられると思います。そういう意味で周りの環境が非常に大切で、僕は友人に恵まれていたため、高いモチベーションを保ち、毎日自習室で勉強できました。受験生の人は切磋琢磨できる友人を見つけて勉強をしてほしいと思います。
東京大学 理科一類 O.Yさん 甲陽学院高校卒 今、目標を達成する見込みが全然なくても、地道に辛抱強くこなしていけば学力は突然グングン伸びていくので、頑張ってください。
東京大学 理科一類 K.Yさん 甲陽学院高校卒 大切なのは、志望校への明確な志望動機だと思います。僕は周りに流されて第一志望を決め、模試の判定に背中を押されて何も考えずに過ごしてしまいました。その結果、共通テスト後に学部を変えなければならなくなって多少は苦労しました。後輩たちには是非ともしなくていい労力をかけずに、大学受験を乗り切って欲しいと思います。
東京大学 理科一類 I.Kさん 神大附属中等教育学校卒 当たり前のことを当たり前にしてください。宿題はちゃんとやる。間違えた問題は復習する。面倒くさいことではあるけども、それをしっかりやるのとやらないのとでは結果が変わってくると思います。
東京大学 理科一類 Y.Tさん 洛南高校卒 僕は研伸館に通って、数学の成績が指数関数のように上がりました。受験勉強、頑張ってください。
東京大学 理科一類 K.Kさん 洛南高校卒 自分の家の近くの自習室を使うことをオススメします。僕は友達がいるとついしゃべりかけて集中できなかったので、すごく助かりました。自分の合格のために必要な勉強量は人それぞれなので、人と比べることはあまりせず、自分のペースで勉強しましょう。
東京大学 理科一類 M.Mさん 洛南高校卒 中学時代はそこそこに遊んでそこそこに学びましょう。最も大事なことは学校の定期テストにまじめに取り組むことです。学校あっての塾ですから、学校のことをないがしろにしてたまたま模試が良くて喜んでいるようではだめだと思います。僕は学校8割、塾2割くらいの力の入れ方でした。
東京大学 理科一類 T.Rさん 洛南高校卒 研伸館の自習室に通う習慣をつけたらいいです。自習室に誘ってくれる友達がいたら、やる気を途切れさせることなく続けることができていいと思います。
東京大学 理科二類 O.Kさん 灘高校卒 全科目ちゃんと勉強した方がいいと思います。おすすめの勉強法としては、高2までは理科・社会は平均くらいでもいいから、英数をとにかく強化するのが良いと思います。特に英単語はやらなければすぐに忘れてしまうので、定期的に単語帳を見返しましょう。よく言われていることではありますが、合格後の自分の姿を思い浮かべて頑張ってください!
東京大学 理科二類 D.Hさん 灘高校卒 僕は全然勉強した気がしなくて入試当日少々不安だったので、来年以降受験する人は、自分で自信がもてる程度に勉強しといた方がいいです。着実に実力をしっかりと身につけていけば合格できるはずなので、気負わずに頑張ってください。
東京大学 文科一類 K.Kさん 灘高校卒 諦めずに頑張ってください!長期休みは、1日にやることを各科目決めておいて、それを毎日繰り返しやるとよいです。古文単語、英単語などの基礎的な参考書は5回以上やってください。受験前は毎日7時半に起きるなどして、体のサイクルをつくっていくとよいです。
東京大学 文科一類 S.Rさん 灘高校卒 人それぞれのレベルや得意・不得意によって、勉強法は変わってきますし、科目の好き嫌いでもかなり勉強効率は変わると思うので、自分に合った勉強のやり方を自分で考えて、工夫して勉強に励んでください。
東京大学 文科一類 O.Mさん 洛南高校卒 研伸館のアットホームな雰囲気がよかったです。先生方や周囲の友達のおかげで、自習やすきま時間の勉強の習慣が身につきました。VODも活用することで効率的に学習できたと思います。
東京大学 文科一類 M.Rさん 洛南高校卒 苦手な科目の過去問を何周もして、「これだけやったから自分は絶対大丈夫!」と信じ込むと案外なんとかなります。何度もあきらめそうになることもあると思いますが、「絶対自分は受かる!」という良いイメージだけを持って頑張ってください。
東京大学 文科一類 C.Rさん 洛南高校卒 同じクラスに友達がいたので、研伸館に通うことが苦ではありませんでした。教室が明るく綺麗で、アットホームな雰囲気があったのがよかったです。
東京大学 文科一類 Y.Tさん 洛南高校卒 研伸館の地理の先生がとてもよかったです。地理の論述は、研伸館の授業がなければ受かっていなかったと思います。
東京大学 文科三類 K.Kさん 神戸女学院高校卒 文系でも数学を疎かにしてはいけません。高2夏まで放置した結果、私は地獄を見ました。世界史は、研伸館の授業がオススメです。「論述世界史」の授業では、論述のコツを詳しく、丁寧に教えていただきました。当初は書くことさえおぼつかなかった世界史論述が、入試本番では得点源になりました。
東京大学 文科三類 F.Hさん 灘高校卒 どんなに志望校がハイレベルでも、とにかく自分の現状と向き合いましょう。私は高3になっても英語の基礎力が不安で、基礎固めをやっていました。もちろん自分の実力を過小評価して無駄な基礎訓練を繰り返すのはもったいないですが、自分の実力を過大評価して基礎力のないままハイレベルなことに取り組むことが一番怖いです。自分の実力を客観的に知るために、研伸館の先生に積極的に相談してもいいかもしれません。私は英単語の小テストをよく先生にいただきました。もし基礎力不足を指摘されたら、高1・高2、中学の範囲に戻りましょう。
東京大学 文科三類 N.Kさん 灘高校卒 どれだけ勉強しても最終的にどうなるかはわかりません。ではなぜ僕たちは努力するのでしょう。僕は、気持ちの問題だと思います。「どうなるかはわからないが、勉強しといたほうがなんやかんやええやろな」といった感情を一番大切にしてほしいと思います。「なぜ努力をするのか」という問いは大きすぎて僕たちには答えることができません。だからこそ、そんな感情を大切にして、目の前のことに集中してほしいと思います。頑張ってください。
東京大学 文科三類 K.Kさん 洛南高校卒 世界史の論述対策は、教科書を複数冊比べ読みすることをオススメします。受験は総合力の勝負なので、苦手科目があっても、最低限取れるところは取って、得意科目で勝負をかければ合格できます!がんばって!

京大合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
京都大学 医学部医学科 T.Sさん 甲陽学院高校卒 受験というものは一人ではなかなか乗り越えられないものだと思います。もちろん、志望校に合格できるかどうかは、自分ができるところまでとことん勉強できるかが大切です。しかし、精神の安定なくしてその達成はできません。何でも相談し合える相手の存在が必要不可欠なだと思います。僕自身あまりメンタルは強くない方ですが、周囲の友人と相談したりなぐさめ合ったりして支え合ったことで、合格という結果につながったと感じます。
京都大学 医学部医学科 N.Yさん 東大寺学園高校卒 夏休みには理科と数学の典型問題を仕上げました。冬休みには、志望校の単語レベルに合わせて、英単語を仕上げました。研伸館の先生はその科目において大事なポイントを分かっていらっしゃるので、授業は集中して吸収しまくりましょう。そして試験前や受験直前など、勉強に集中したいときはぜひ自習室を利用しましょう。受験直前期に自分の学力に自信がなくなってもあきらめずに勉強を頑張ってください。
京都大学 医学部医学科 K.Tさん 洛南高校卒 夏休みや冬休みなどの大きな休みの初めに計画をしっかりと立てることが大切です。
京都大学 工学部 H.Yさん 洛南高校卒 研伸館では、集中して勉強できる自習室があったこと、友人と共に頑張れたことがよかったです。皆さんも自習室にこもって頑張ろう!
京都大学 工学部 O.Aさん 京都女子高校卒 工学部を受ける人は理科を頑張ってください。化学の授業では、構造決定のプロセスを実際に見せてもらえたのがとても良かったです。
京都大学 工学部 K.Tさん 甲陽学院高校卒 過去問は一つの教材として使った方がいいと思いました。どんどん解いて、できないところを直していくことに時間を使うことが大切だと思います。
京都大学 工学部 T.Nさん 四天王寺高校卒 高3になる前に、化学・物理・数学について興味を持ってその分野の面白い雑誌とかを読んでおくと、楽しいし、面白いと思ったことは忘れにくいので、高3になっても活きてくると思います!高3になっても、楽しんで勉強できるのでおすすめです。いろんな問題集をするのではなく、先生が薦めてくださる参考書を信じてその一冊をやり抜くことが一番近道でためになると思います!頑張ってください!
京都大学 工学部 N.Sさん 西宮市立西宮高校卒 研伸館の教材は本当に良質なものばかりです。難しい問題が多いですが、復習を繰り返して疑問点を解消していけば必ず力がつくと思います。苦しいこともたくさんあると思いますが、頑張ってください。
京都大学 工学部 M.Kさん 西大和学園高校卒 高2の冬に英語を集中的に勉強して、苦手科目から得意科目にすることができました。英語が自分の軸になる科目となりました。このことで高3で理科の勉強に集中することができました。やっぱり英語は得意にしておくべきです。高2の冬にした勉強法は、「ひたすら多く長文を読むこと」です。このことで基礎力がついたと思います。先生に添削もしていただきました。
京都大学 工学部 M.Dさん 奈良県立奈良高校卒 研伸館のテキストの復習や冠模試の復習などに重きを置きました。朝は学校、昼~夕方くらいから研伸館の自習室で勉強する、というサイクルを意識していました。英単語はどんだけ知っていても損はないので、日頃からやるのがオススメです。また、特に公立高校は理科の進度が私立高校よりも圧倒的に遅いので、まず物化(生)を固めることが重要です!!理科は必ず得点源になります。
京都大学 工学部 K.Yさん 洛星高校卒 高3になると想像以上に時間が不足し、焦ることもあると思いますが、そこで慌てて何も考えずにがむしゃらに勉強するのではなく、1週間先、1ヶ月先などを見通して計画・目標を立ててから勉強に取り組むようにしてください。こうすることで無駄に時間を浪費せず、効率を上げることができます。頑張ってください。
京都大学 工学部 S.Kさん 洛南高校卒 僕は数学が高3になっても非常に苦手で苦労しました。夏の模試の後から本気で数学しようと思っていたのですが、いまいち伸びませんでした。特に数Ⅲは日ごろからしっかりやっといた方がよいと思います。計算力が大事だと思いました。
京都大学 工学部 S.Sさん 洛南高校卒 とにかく受験勉強で大事なのは切り替えです!やるときはやる、休むときは休む。それが大事です。僕は遊ぶときは遊ぶけれどやる時はやっていて、そのおかげで合格することができました。研伸館の授業などは、本当に集中して受けてください!そうすればおのずと力がつき、合格することができます!がんばってください!
京都大学 理学部 K.Sさん 六甲学院高校卒 研伸館は、テキストの質・授業の質が高かったです。英語の授業では、複雑な入試英文を図などを用いてわかりやすく解説してくださり、入試に必要な知識やテクニックも教えていただけたのでよかったです。
京都大学 農学部 N.Rさん 洛星高校卒 自分なりの学習法を確立してください。そうしないと自己分析ができても、どうすれば良いか(どう勉強すれば良いか)がはっきりしません。また、難関大学に行きたいのであれば、暗記だけなどの極めて表面的な理解ではあまり通用しません。そこに注意して勉強してください。
京都大学 農学部 T.Nさん 四天王寺高校卒 研伸館の自習室は快適で、夜遅くまで開いているので、高2からはほとんど毎日利用していました。先生方にも相談や質問をしやすいと思います。長期休みは事前に目標・計画をしっかり立てて勉強することが大切だと思います。受験勉強は大変だと思いますが、時間が経てば終わってしまうものなので精一杯頑張ってください!
京都大学 農学部 Y.Kさん 西宮市立西宮高校卒 眠気をこらえて勉強しないことです。私は眠くなったらベッドで5分~10分程度仮眠をとっていました。ただし、ここでスマホを触るのは良くないです。たまに息抜きで見るのは良いと思いますが、目を使うと脳も休まりません。受験直前は勉強、睡眠、食事等で一日を過ごすのが良いと思います。あとはおすすめの勉強法としては1つの問題集をひたすらやりこむことです。私は5周を目標にやっていました。
京都大学 農学部 Y.Aさん 神戸女学院高校卒 私は、少し緩めに勉強の計画を立てて余裕を持って進めていくことをおすすめします。研伸館の自習室は快適で過ごしやすく、集中しやすい環境なので、特に直前期はよく利用していました。友達と勉強したり、先生に質問しに行ったりと、周りを頼るのが一番良いと思います。適度に休みつつ頑張ってほしいです!
京都大学 農学部 O.Yさん 神大附属中等教育学校卒 夏休みは受験生期間で最も時間的、精神的余裕があると思うので、この時期は特に「じっくり考える」ことを意識してほしいです。特に理系教科は量をこなすことより、1題に真剣に向き合う方が絶対に力になります。たくさん解く方が達成感を得られるけれど、すぐに答えに頼ってしまうようでは学力が伸びないので、一つの問題に対しいろんな考え方を試して正解に辿り着くことを重要視してほしいです。
京都大学 経済学部 I.Kさん 高槻高校卒 アプリを使って勉強の記録をつけることで、達成感を得て休校期間中のモチベーションを保てました。得意教科は夏前から過去問に触れて、夏の模試でその教科での偏差値60越えを目指し、計画を立てると良いと思います。
京都大学 法学部 A.Mさん 京都市立西京高校卒 休みの日は研伸館の自習室を利用することが多かったです。周囲の頑張っている人を見ることで、やる気が出たと思います。精神的にも身体的にも大変なことがあるかもしれませんが、応援しています。
京都大学 法学部 K.Kさん 兵庫県立御影高校卒 1日毎に小さな目標を立てることで、勉強の質を高めることができるのでオススメです。授業は受けっぱなしにするのではなく、後で必ず復習をしておくべきです。なんとなく勉強していてもあまり成績は伸びないので、頭を使って、主体的に勉強する方がよいと思います。わからないことは、そのままにせず、すぐに先生に質問するようにしてください。努力は報われると信じて、諦めずに頑張ってください。
京都大学 法学部 M.Sさん 甲陽学院高校卒 毎日、閉館まで研伸館の自習室にいました。夏休みは、数学は過去問よりは単元別問題集をしました。英語は単語やイディオムを早い段階で終わらせ、国語も古典の単語帳を完璧にしました。冬休みは、共通テスト対策に専念した方が良いです。この時期に二次試験も共通テストもと欲張ると、両方中途半端になります。                                 
京都大学 法学部 K.Kさん 大阪星光学院高校卒 研伸館では、先生やチューターに頼って、自分が理解できるまで教えてもらいましょう。研伸館のいろいろな講座の中で行われるテストで1位を取ることを目標に、勉強に取り組んでみてください。
京都大学 法学部 K.Iさん 東大寺学園高校卒 よく言われていることですが、基礎を固める(共通テストの問題は難なく解けるほどに)のが先決です。そのためには、これと決めた参考書を2周3周してアウトプットを重ねましょう。英語は、何かしら毎日必ず1題は長文読解・英作をした方がいいと思います。数学は、問題を見て解法がすぐに思い浮かぶぐらいまで問題集をやり込みましょう。本番まで思ったより時間はありません。踏ん張って勉強を頑張ってください!
京都大学 教育学部 A.Rさん 東大寺学園高校卒 研伸館の自習室は、もはや自分の領域だと思えるくらいに活用しましょう。僕は高3の9月までは英数を集中的に勉強しました。数学は最大の武器になり得る科目であり、英語は安定させないといつ足をすくわれるか分からないから、高3前半まででこの2科目を詰め切るが理想です。後半からは国・社に重きを置いて、特に日本史の記述問題の答案例に目を通しました。4科目を全部安定させたら勝ちなので、そのレベルを目指してください。
京都大学 教育学部 Y.Sさん 京都市立西京高校卒 研伸館に通うなら、授業の復習を頑張りましょう。また、人と競うように自習室に行くと、やる気が出ました。先生方は温かく応援してくださるので、頼りながら、思いのままに頑張ってください!

阪大合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
大阪大学 医学部保健学科 H.Yさん 西宮市立西宮高校卒 私は勉強があまり好きではなかったので、一人では勉強できないと思い、友達を巻き込みました。朝から学校に友達と行きました。一人で行こうと思っても絶対に二度寝します。でも約束していると、待たせたら悪いと思って強制的に起床します。また塾では先生が定期的に授業中に受験勉強へのモチベーションが上がることを言ってくださり、やる気が出ました。私の受験は一人だけでは成功していなかったと思います。
大阪大学 医学部医学科 N.Yさん 洛南高校卒 高1・高2の間は、部活など好きなことを思う存分楽しみつつ、定期考査や研伸館のテストの前にしっかり計画を立てて勉強する経験を積んでおいた方がよいです。それが高3で頑張りすぎず、無理しすぎず、現役合格することにつながります。大変なことも多いと思いますが、「自分はできる」と信じて頑張り抜いてください。応援しています。
大阪大学 薬学部 T.Sさん 神戸女学院高校卒 毎週研伸館の授業を受けていくうちに、学力が上がっていくのを実感できました。私はVODで授業を受けることが多かったのですが、VODでも宿題やテストなど、手を抜かないようにがんばりました。
大阪大学 薬学部 S.Hさん 大教大附属天王寺高校卒 高3になったら、勉強するしかなくなってきます。成績の伸びより、今の状況などが辛くなります。メンタルも強く保てたら合格できます。ですが、おそらく辛い時ときが来ると思うので、数人は頼れる人を用意しておいてください。勉強は、やれば伸びるわけではありません。同じような問題集を数多くやるよりも、1つの問題に丁寧に時間をかけてください。高3になってからは、授業を受けながら、自分がまだ使いこなせていない「考え方」をメモしてください。これだけで十分成績上がります。
大阪大学 薬学部 E.Aさん 関西大学高等部卒 研伸館は、生徒がみんな勉強に対して積極的な雰囲気があるのがよかったです。授業内のチェックテストで、自分の弱点などを見つけるようにしていました。
大阪大学 歯学部 I.Sさん 桃山学院高校卒 家で勉強しようとしても、ダラダラしてしまうので、研伸館の自習室を利用し、集中して勉強しました。疲れた時は、休憩をして、メリハリをつけて勉強できたと思います。遊んだり、好きなことをする時間と、勉強する時間の切り替えをして、勉強に集中しました。
大阪大学 工学部 Y.Sさん 高槻高校卒 研伸館に通うことで、勉強する習慣が自然と身についていきました。毎日何の勉強をどのくらいするかを決めて断続的にすることが大切です。研伸館で与えられたものは何も考えず全てやるようにしました。
大阪大学 工学部 T.Tさん 四天王寺高校卒 私は、家ではほとんど勉強せず、図書館や研伸館の自習室で勉強していました、普段は予習が必要な授業のみ予習して、授業の復習はしっかりするようにしました。長期休暇に入ったら今まで習った問題をもう一度全部解いたり、模試の復習をしたりしていました。普通のことを普通にしていれば成績は上がっていくと思います。自分に合った勉強法で頑張ってください。
大阪大学 工学部 N.Yさん 初芝立命館高校卒 学校の授業、宿題、そして定期テストに、全力で取り組んだ方がよいです。研伸館での勉強や自分でする演習をより実りのあるものにしてくれるのは基礎力であり、それを養うのに最も効率がいいのは、まずは学校の勉強を大切にすることです。どうせやらなければならないならば、そのときにやってしまうべきです。高3になれば量をこなすのは当たり前なので、大事なのはいかに質を上げるかですが、これへの解答は「十分な睡眠」の一択だと思います。頑張ることと無理をすることを履き違えずに、焦りすぎないで余裕を持って頑張ってください。
大阪大学 工学部 K.Sさん 兵庫県立神戸高校卒 研伸館のテキストを用いて基本を固めた後に、自分が受験しない大学の過去問で夏(8月)~冬(12月)くらいの間に演習するのがおすすめです。それにより大体のパターンが分かってきたり、入試問題に慣れることができ、一見難しそうな問題が出てきた時にも落ち着いて対応することができます(特に物理と化学はこの方法がいいと思います)。数学は京阪の演習問題の復習を共通テスト後にするだけでしたが、板書を見返しながら丁寧に行うことで得点力が上昇しました。勉強方法は人それぞれなのでみなさんも早くそれを確立し、合格に向け頑張ってください!
大阪大学 工学部 T.Kさん 兵庫県立神戸高校卒 だらだらした勉強というのは続けようと思ったらいつまででもできてしまうけれど、その分得られるものは案外多くないというのを実体験で気づかされました!なので、それよりも一日一日を大切に!「今日は○○ができるようになった!」の積み重ねが自分を最終的に助けてくれると思います!
大阪大学 工学部 T.Rさん 神大附属中等教育学校卒 研伸館の授業のテキストに載っている問題をしっかりやれば、他の教材が必要ありませんでした。自分で勉強するときには、タイマーで時間を計って20分から25分ぐらいで区切り、勉強する分野を変えて勉強することがいいと思います。
大阪大学 工学部 T.Sさん 兵庫県立尼崎稲園高校卒 夏休みは、地理や英単語など、あまりやってこなかったものを重点的に全体の基礎を固める勉強をしました。「基礎を固める」とは、人に説明できるまで理解することだと思っています。冬休みは共通テスト対策の問題集をやりながら、抜けている知識を埋めていきます。どんな問題でも復習はとても大切だと思います。夏休みが終わると学校でたくさんの人が難しめの問題集を持ち始めますが、それに流されず、研伸館のテキストの問題を3回も4回も何回でも解いて、その問題を完璧にできるようにしたら十分だと思います。研伸館の先生がおっしゃってくださることで間違いだったことはありません。
大阪大学 工学部 N.Yさん 兵庫県立宝塚北高校卒 英語や数学ばかりやっていると思った以上に理科が仕上がっていないことに後から気づくので、高3の前半の時間がある間に理科もある程度までやっておいた方がいいと思います。あと英語や数学も、他の科目に時間を割かないといけなくなった時に全く触れなくなるとできなくなっていくので、毎日少しずつでも触れておいた方がいいと思います。自由英作文は和文英訳が仕上がってからだと思って先延ばしにしていたら、結局直前期までできずに最後に焦ることになるので早めに始めておいた方がいいと思います。あとで後悔しないように頑張ってください。
大阪大学 工学部 O.Mさん 兵庫県立宝塚北高校卒 高3の夏休みが終わるまでに基礎を固めておけば、その後入試問題を解く時に行き詰まりにくくなります。また、共通テストの後、教科によっては感覚が鈍ることがあるのですが、その時、3周ほどやった問題集があれば大変役に立ちます。やりこんだ問題集は感覚が戻りやすく、短期間で復習することができます。模試の判定は大事ですが、本番はほとんど関係なかったです。判定が良くても落ちることはあるし、悪くても受かる人は受かりますので、判定だけで一喜一憂せず頑張ってください!
大阪大学 工学部 K.Sさん 大阪府立豊中高校卒 高3の夏くらいから苦手分野を積極的に勉強して、ある程度穴がなくなった頃に過去問に手を出すのがオススメです。過去問も数年区切りで、苦手な単元を見つけ、その都度苦手を潰せるように勉強します。1回解いた問題を2回目は必ず解けるようにしておくと、ある程度問題のパターンがつかめ、定石を理解できます。よって、復習に力を入れるべきだと思います。倫理・政経は一問一答などもいいですが、資料集を読み込んで、細部まで暗記した方が絶対に点数が上がるので、とにかく資料集を眺め続けることをおすすめします。
大阪大学 工学部 Y.Sさん 洛星高校卒 特別にやった勉強法はあまりないですが、分からないことがあればすぐに先生に聞くようにしていました。また直前期は、英作文の添削も先生にお願いして5年分くらいしてもらいました。何年分も添削してもらうことで、先生も自分の弱い所を理解してくださり、様々なアドバイスをいただけるのでぜひやってほしいです!
大阪大学 理学部 K.Sさん 兵庫県立宝塚北高校卒 高3になってからとりあえず教科書を読みこんだ後、参考書を使い、基礎固めをしました。秋くらいになって、様々な問題に触れるようにしました。12月、1月は共通テスト前ということで、二次試験の勉強を一旦置いて地理を重点的に取り組みました。共通テスト後から過去問に取り掛かり、とにかく問題形式に慣れるということを意識しました。研伸館では重要なことをたくさん教えてくれたのでとてもためになりました。
大阪大学 基礎工学部 K.Rさん 大阪府立千里高校卒 夏休みは問題集などで経験を積み重ねていき、夏休みが終わる頃には、20ヶ年などの過去問を時間があるときに解いた方がいいです。冬休みはひたすら自分の苦手教科に時間を当てて、弱点を補強していくイメージでやっていました。これからの時代どうなるかはわからないけど、結果は自分がどれだけ準備したのかなのでめげずに頑張ってください。
大阪大学 基礎工学部 N.Hさん 大教大附属池田高校卒 長期休みは週に1回、1週間の勉強計画を立てることです。また、計画を立てる時は週に平日でも丸1日でも予定を空けておいて、その1週間で解ききれていない問題集などをする時間にあてること。そうすると計画が結構うまく回って予定通り問題集を終わらせることができます。自習室は毎日行くと苦にならなくなるので、毎日開館時間に行くようにしていました。
大阪大学 基礎工学部 O.Rさん 大教大附属池田高校卒 夏休みは、自分の得意だった数学の入試問題を解ける範囲でとにかくたくさん解いていました。物理、化学は基礎的な内容からしっかり学習し、入試問題が解けるように準備していました。冬休みは共通テスト対策で精一杯で、古典の暗記事項の確認をしたり、地理の暗記に時間をかけました。また、英語は「いかに早く文意をつかむことができるか」を意識しながら正確に文章を読む訓練をしていました。
大阪大学 基礎工学部 S.Mさん 奈良県立奈良高校卒 何かを期にパッと決めてやることが大事です!明日やろうはバカやろうです!また参考書はやり切るものを決めてそれを何周もするのがいいと思います。多くのものに手を出してもやった気になっているだけです!もちろん分からなかったら質問するけれど、しっかり考えてからにした方がいいです。講座の取り過ぎにも注意です!自習は活用次第では最も有益な時間です。最後に、志望校は変えるな!ぼんやりでもしっかり見ていれば届きます!
大阪大学 人間科学部 Y.Mさん 神大附属中等教育学校卒 夏は朝から研伸館の自習室に行き、周りで勉強している人たちから勝手に刺激を受けて学習を進めました。午前中に3~4時間勉強した日はだいたいその日の夜まで集中できたので、とにかく朝のリズムを作ることが重要でした。あと、競える友人をつかまえることをおすすめします。文系・理系が違ってもよく、近況報告したり励まし合えたりするような人がいるだけで、受験も少しは楽しくなります。冬休みは共通テスト講座で埋まるので、復習が大変ですが、乗り切ることができれば必ず点数になっていきます。
大阪大学 法学部 O.Rさん 西宮市立西宮高校卒 受験勉強をするときは「やる気」をあてにしないほうがいいと思います。やる気は最初は続きますが、どうしても切れてしまうときがあります。早いうちから計画を立てて1日1日淡々と計画通り勉強していけば、「やる気が出ないから今日は休もう」なんてことは無くなってくるし、メンタル的なダメージなども少なく、一年を通して確実に学力を上げていけると思います。長期間取り組むことなので、上手く受験勉強と付き合っていってください。
大阪大学 法学部 K.Sさん 京都府立洛北高校卒 僕らの世代は3年生に上がっても学校が始まらず、6月まではいわゆる「コロナ休み」でした。ここでどれくらい勉強したかでその後、取り返しのつかないくらい大きな差が生まれたと感じています。僕はその休みの期間、毎日徒歩5分のところにある祖父の家に行って10時間~12時間くらい勉強しました。おそらくその時にきっちり基礎を固めて、夏、秋以降発展的な問題にとりかかりました。この「コロナ休み」と言うのは例年で言うところの春休みと夏休みを足して2で割ったようなものだと思います。夏までは、あせらず基礎固めに集中してください。
大阪大学 法学部 K.Hさん 関西大学高等部卒 研伸館の自習室はとてもきれいなので、自習室にこもって勉強するといいと思います。推薦入試を利用すると、志望大学に入るチャンスが増えるのでオススメです。推薦を受ける人は、高校生活の中で自分のアピールできる点や成果を作っていないとダメなので、積極的にいろんなことにチャレンジすることが大事だと思います。
大阪大学 経済学部 U.Kさん 西宮市立西宮高校卒 受験勉強を早く始めれば始めるほど、周りと差をつけられます。ただ、初めから気張りすぎると、必ず11、12月に息切れするため、常に適度な余裕をもって目の前の目標を立て、達成していくことが重要です。基礎レベルは疎かにせず、まずそこから勉強をはじめることが本当に大事です。研伸館の授業はとても分かりやすく理解できるので、復習を怠らず、しっかりと身につけていけば必ず受験は成功すると思います!
大阪大学 経済学部 I.Kさん 奈良県立奈良高校卒 先生とか先輩とかに「基本が大事」ってよく言われると思うけれど、本当の意味で基本が大事であることに気づくのは、共通テスト後に二次試験の勉強をしている時だと思っています。数学でよくあるのですが、「完答できそうなのに最後どうしていいか分からん!」となった時に、大概それは超基本的事項に気づけるかどうか、ということが多いです。だから「こんなん中学知識の内容やん」と思って読み流すのではなく、その部分が後々大事になってくることを信じてガチガチに基礎を固めてほしいです。頑張ってください!!
大阪大学 経済学部 K.Eさん 洛星高校卒 長期休暇中は、特に用事がない限り、毎日朝から研伸館に行って勉強することをおすすめします。朝型になることで、朝9~10時ごろから始まる入試本番で、1教科目から頭をフル回転出来るようになります。眠い時は、15~30分は仮眠を取った方が良いです。(それ以上寝すぎると、身体が本気で寝る態勢に入ってしまって、起きた後しんどいので良くない) 眠いまま続けると、ウトウトして効率の悪い勉強を続けることになってしまいます。
大阪大学 経済学部 K.Yさん 洛南高校卒 先生との距離感が近い点が研伸館のよい点なので、ぜひ先生と仲良くなって、授業で理解しきれなかった所などを質問しに行き、不明点をなくすようにすると良いと思います。努力は裏切りません!皆さん、現役合格を勝ち取ってください。
大阪大学 外国語学部 M.Rさん 西宮市立西宮高校卒 3年生になってからの受験勉強も大事ですが、それ以前の土台を作っておくことも大事だと思います。またしっかり勉強していても模試での判定が芳しくないこともあると思いますが、落ち込まずに努力し続けることが大事だと思います。私自身、実力がついたのを実感したのは共通テスト後です。最後は粘り勝ちです。
大阪大学 外国語学部 N.Yさん 西宮市立西宮高校卒 僕は文系だったので、最も重要な教科はやはり英語で3年間常に英単語は覚え続けました。過去問についてですが、僕は第一志望の過去問10年分を2周しました。3年生の夏から解き始めたので受験前には似たレベルの大学の過去問にも手を出していました。第一志望の大学に合格するにはやはり過去問が大事だと思うので、志望校のものを10年分を最低一周、あまり出来が良くなかったら、しっかり復習し時間を空けて2回目を解くようにしてください。
大阪大学 外国語学部 A.Sさん 西宮市立西宮東高校卒 模試を受ける前に目標点数を決めて、それを目指して勉強していくことで、目標を決めていない人より伸びが実感しやすくなり、着実に成長できると思います。また、メリハリをつけることが大事だと思います。やるときはやる、やらないときはやらないというのをはっきりさせるようにしてください。受験は精神的にとても辛いですが、辛いときは一度現実逃避してみてください。少し楽になって、またやる気を出せると思います。頑張ってください。
大阪大学 外国語学部 K.Nさん 京都市立西京高校卒 英単語や古文単語は朝起きて一番にやるのがオススメです。共通テストが終わったあとは過去問の年数を決めて計画を立ててやりきると自信につながると思います。私は高1、高2の時は成績も悪くて模試の結果も良くなったけれど、挽回することができました。やろうと思えばいつからでも挽回できると思います。最後まであきらめず頑張ってください!!
大阪大学 外国語学部 O.Rさん 帝塚山高校卒 研伸館の先生に毎週英作文の添削をしていただいたので、何度も復習して自分の文法ミスを確認することができました。英語を得意教科にすると、選択できる大学の幅が広がると思います。
大阪大学 外国語学部 I.Nさん 大阪府立天王寺高校卒 研伸館の先生が仕掛けるイベントには全力で乗りましょう。入試を超える力が身につきます。また、授業を受けっ放しにしないことです。自分が受講している講座で与えられることは100%受け取りにいくつもりで挑むのが、レベル上げの一番の近道です。研伸館の先生は必ず熱意に応えてくれます。諦めずに頑張ってください。

神大合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
神戸大学 医学部医学科 I.Aさん 神戸女学院高校卒 研伸館の先生方は時に厳しいことを言いますが、それは生徒を思ってのことなので、落ち込むのではなく、その言葉を真摯に受け止めて、一層勉強に励んでください。成績は必ず努力量に比例して伸びると思います。人によって勉強した成果が出るまでの時間が異なるので、勉強しているのに成績が伸び悩んでも「絶対に自分は賢くなっている!」という気持ちで勉強を続けてください。必ず結果はついてくると思います。苦しいこともたくさんあると思うけど頑張ってください!
神戸大学 医学部医学科 K.Mさん 帝塚山高校卒 ①夏休み・冬休みに取り組んだ勉強法:朝から晩までどこかで自習する。その期間の目標を決める。→週ごと、日ごとのノルマを決める。予定通りに進まないこともあるので、調整用に日曜は空けておく。1日1枚カワイイシールを貼るのを楽しみに勉強する。つまり、ごほうびを探すといいと思います。
②有効な研伸館の利用法:研伸館の自習室はとても集中できるので、ぜひ利用してください。
③後輩たちに伝えたいこと:人から言われてやっても伸びないので、自分から能動的に取り組むようにしてください。
神戸大学 工学部 G.Sさん 西宮市立西宮高校卒 コロナに負けず、自分のやりたいことを明確にして、頑張ってください!
神戸大学 工学部 N.Tさん 西宮市立西宮高校卒 基本的には研伸館の授業で学んだことをひたすら復習し、高度なことを少し知っている人よりも、「穴の少ない人」になった方が有利だと思います。「いつまでにこの章を終わらせる」などの目標をこまめに決めると、モチベーションを保てます。また、研伸館の自習室には毎日行くべきだと僕は思いました。
神戸大学 工学部 S.Rさん 大教大附属池田高校卒 夏休みは基礎固めに使いました。比較的易しい参考書を使って演習をしました。そして、2学期の間はなるべく多くの問題に触れるようにしました。冬休みは、共通テストの勉強に当てました。共通テスト前の演習は最終チェックとして使用しました。そして共通テスト後は、二次試験の過去問に取り組みました。また、授業の復習は、必ずすぐにするべきだと思います。
神戸大学 工学部 U.Mさん 奈良学園登美ヶ丘高校卒 一番大事なのは自分の気持ちだと思います。「ここに合格したい!」とか「この人よりいい成績をとる!」と思うことが、一番自分の努力の源になるはずです!そして、諦めないで努力し続ければ、報われるはずです!自分を信じて、でも過信せずに、諦めないで受験勉強を頑張ってください!
神戸大学 工学部 U.Hさん 奈良学園登美ヶ丘高校卒 英語や数学はできるだけ高2までに基礎固めをしておいてください。高3は理科をやらないといけないので、英語や数学をやる時間はあまりないです。でも、英語は毎日長文1個、数学も数Ⅲの問題を毎日2,3問やっておかないと忘れます。このコロナ禍の中で受験勉強しなければならないのはけっこうしんどいです。ただ、その中でもめげずにあきらめずにがんばりきった者だけが第一志望の大学に合格することができます。
神戸大学 工学部 N.Sさん 兵庫県立宝塚北高校卒 問題集(理科科目)はただ難しいものをやればいいわけではなく、自分のレベルに合ったものをやることが大切です。全部を何周もするのではなく、苦手なものだけ何回もやって、効率的に勉強するようにしました。数学と地理は研伸館に任せっきりでしたがそれで大丈夫でした!!
神戸大学 農学部 M.Rさん 洛南高校卒 適度な運動、バランスの良い食事、十分な睡眠は大切です。余裕のある人には筋トレもおすすめです。模試の判定は気にしすぎず、直前まで頑張ってください。勉強習慣のない人が手っ取り早く勉強時間を増やす方法のひとつは、勉強時間が長く、成績の良い人と一緒に勉強することだと思います。また、「自己流」のやり方は避け、受験のプロのアドバイスに従ってください。
神戸大学 経営学部 O.Yさん 西宮市立西宮東高校卒 受験勉強は早く始めれば始めるほど得なので、とにかくできるだけ早く取りかかるべきです。英語・古典は語彙力が重要なので、単語帳は厳選すると良いです。英数国の3教科+社会は重点的に勉強すべきです。高3の7月ぐらいからは、英語は長文を読まない日を絶対につくらないようにしてください。自習室や家など、落ち着いて勉強できる場所を見つけてください。
神戸大学 経済学部 H.Mさん 大教大附属池田高校卒 規則正しい生活を心がけました。早く寝る、決まった時間に起きて決まった時間に休憩する…というふうに、ルーティーンを徹底しました。自分を信じて自分に負けずに勉強すればいいと思います。
神戸大学 経済学部 U.Rさん 奈良学園登美ヶ丘高校卒 夏休みは丸一日自由に使えるので、どうすれば自分が飽きずに勉強できるかを考えながらスケジュールを立てました。例えば私は理系科目の方がやる気が出るタイプなので、英語と理科、国語と数学のように、組み合わせを作って計画を立てました。受験勉強を通して気づいたことは、「科目を減らしても成績は簡単には伸びない」ということです。受験期はやることが多く、また国公立受験者ならなおさら多くの科目をしなければいけません。しかし、安易な考えで科目数を減らすと、同じ科目をやる時間が増え、だらけてしまい、結局効率良く勉強できないと思います。
神戸大学 法学部 M.Dさん 西宮市立西宮高校卒 特に英語、数学は少し時間が空くとすぐに力が落ちるので、毎日新しい問題と復習を必ずするようにしていました。夏休みなどは1日で勉強できる時間が長いので、朝か前日の夜に1日で何を勉強するかを決めておくと、効率よく勉強できると思います。研伸館の授業ではわからないことがあれば必ず質問に行くようにしていました。先生方は質問したこと以上にプラスアルファで教えてくださるので、とても良い勉強になりました。頑張ってください!
神戸大学 法学部 T.Sさん 西宮市立西宮東高校卒 研伸館の先生は本当に誰もが優しく、信頼できる先生ばかりだと思うので、何でも相談して頑張ってください。
神戸大学 文学部 O.Kさん 白陵高校卒 研伸館はテキストのレベルがとても高く、難関大学のレベルを実感しながら勉強できました。第一志望の大学に合格するのが一番ですが、仮にできなくても諦めなければ道は開けます!ただ、「あのときこうしていれば…」という悔いが残ることだけは避けましょう。
神戸大学 国際人間科学部 T.Dさん 兵庫県立神戸高校卒 コロナ期間で部活や学校が無くなったときに勉強にスイッチが入って、1日に12時間をノルマに勉強し始めました。しかし今思うと、長い時間勉強したけれど、質がよくなく、後から考えたときに「何が身についたか」というのが明確に分かりませんでした。勉強時間も大事だけれど、それ以上に「質」を意識して、「今日はこれを覚えた」「これはできるようになった」といえるような勉強が大切だと思います。最後まであきらめず自分を信じて頑張ってください。
神戸大学 海洋政策科学部 I.Sさん 大教大附属天王寺高校卒 勉強は好きになれば勝ちです。1つでも得意科目をつくって、「楽しい」と思えるようにしてください。私の学年は、テストが変わったりコロナウイルスにより周りの環境が変わりましたが、結局、目指すもの、問われる力は変わりません。合格を目指し、学力が問われるのです。だから自分を信じて進んでください。受験はがむしゃらにやってもうまくいきません。科学の実験のように自分を観察してください。あと、研伸館の先生が「これをやろう」とおっしゃったことは素直に従いましょう。必ずうまくいきます。常にハングリー精神をもってこれからも頑張ってください。
神戸大学 海洋政策科学部 T.Tさん 兵庫県立北摂三田高校卒 数学・英語・国語は短期間では伸びにくい科目であり、高3になるとやらなければならないことがたくさんあるので、高1・高2で勉強をする習慣がある程度ついていると、高3になったときにいきなり猛勉強するより精神的に楽だと思います。受験において体調管理はとても大切だと思うので、休む時は休むといったメリハリをつけて頑張ってください。

医歯薬系合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
大阪市立大学 医学部医学科 N.Kさん 甲陽学院高校卒 最初に勉強する時間を決めておくことが大切です。(2時間、3時間などのコマをあらかじめ設定しておく。)また、無理な計画を立てないこと、自分の勉強を習慣化すること、目の前の試験のことのみ考えることが大切だと思います。
大阪市立大学 医学部医学科 S.Sさん 神戸女学院高校卒 研伸館の授業を通して、全ての教科の学力が向上したと思います。受験勉強では、周りに流されすぎず、マイペースに勉強する事が大事だと思います。
京都府立医科大学 医学部医学科 O.Hさん 洛星高校卒 受験勉強は自分との戦いです!研伸館の自習室に通うと、知ってる友達がいる状況なのでよく勉強に集中できました。高2の夏は 部活の後の疲労が激しかったけれど、研伸館でもらったプリントだけは最低限解くようにしていました。高3の夏には過去問を解き始め、高3の 11月中旬からは共通テスト対策に集中、国語と社会を重点的に勉強するようにしました。
京都府立医科大学 医学部医学科 A.Sさん 洛星高校卒 頑張ってください!!勉強を頑張ることはもちろんですが、学校行事も楽しんでほしいと思います!僕は、研伸館の雰囲気のおかげでストレスをためこむことはなかったです。
奈良県立医科大学 医学部医学科 F.Yさん 立命館高校卒 夏休みまでに、理科の問題集は1周か2周終わらせておいた方がいいと思います。研伸館の自習室は集中できるので、毎日自習に行く習慣をつけておいた方がいいと思います。不安もあると思いますが、最後まであきらめずに受かると信じて頑張ってください!応援しています!!
滋賀医科大学 医学部医学科 I.Rさん 大谷高校卒 私は国語が非常に苦手で、共通テスト模試でも良くて150点ほどでした。しかし医学部受験ということで、最低でも160点は欲しかったので、なんとかしないとなと思いました。そこである方から、評論について、①最初に題名を見てキーワードをつかむ ②先に問題を見て次何を問われているかを見る ③「~ではなくー」を見つけたらチェック など、国語嫌いの私でもできるような簡単なアドバイスをもらって過去問を5年ほど解きました。すると、だんだん慣れてきて、後半は8割を切ることはなくなりました。
滋賀医科大学 医学部医学科 Y.Dさん 洛南高校卒 自分を信じて頑張ってください。僕は、研伸館の質の高い授業を受けて、学力を伸ばすことができました。
自治医科大学 医学部医学科 Y.Rさん 東大寺学園高校卒 周りに踊らされないでください。僕の受けた自治医科大学は都道府県ごとの選抜なので、明確な合格ラインが分かりませんでした。なのでネットには色んな憶測があり、9割取らないと、8割取らないとダメみたいな書き込みがたくさんありました。けれどそれは年によって変わりますので、実際に解いてみて、「これで8割はキツいだろう」とか、逆に「これは9割取りたいな」みたいな感覚が大事です。その感覚は模試の結果などで身につきます。どんなテストでもその感覚を大切にしてください。
東京医科歯科大学 医学部医学科 K.Hさん 灘高校卒 最後まで、出来ることを考えて選んで、実行することが大事です!スマホにゲームを入れてはいけません。冬休みに入ったくらいから早寝早起きの習慣は崩さないようにしてください。長期休みの間は何冊か参考書を決めて何周もするようにしてください。共通テスト直前の2週間は、時間をはかって過去問を解くとよいです。
北海道大学 医学部医学科 M.Tさん 高槻高校卒 学校の勉強は大切です。定期テストの勉強をしっかりやりましょう。教科書を大切にしましょう。また、研伸館では学校の授業とは異なる視点を知ることができ、新たな発見につながりました。
宮崎大学 医学部医学科 Y.Mさん 奈良学園登美ヶ丘高校卒 友達と一緒に自習室に通うとモチベーションも上がるし、やる気が出るので良いと思います。
鳥取大学 医学部医学科 M.Aさん 大阪学芸高校卒 自分の場合、夏休み前くらいから、毎日学習した教科をメモしていき、2日以上勉強しない科目がないようにしていきました。また、英語の長文読解は日を空けてしまうと読む速度が落ちると聞いたので、毎日何かしらの長文は読むようにしていました。あと単語は早い段階から固めておくことをオススメします。受験で勝ち抜くためにはやはり素直さが大切だと思います。たくさんの受験生を見てこられた先生方の指導をコツコツと実践することは、成績UPにつながり、それが自信となり合格を勝ち取る力になると思います。
関西医科大学 医学部医学科 I.Sさん 京都女子高校卒 勉強の計画は絶対に立てるべきです。高3になってからも英数はやらないとどんどん落ちていくので、必ず継続的にやった方がいいと思います!
兵庫医科大学 医学部医学科 O.Kさん 神大附属中等教育学校卒 新型コロナ等で世間は混乱していますが、自分にできることは変わらないのでそのまま頑張ってください。研伸館では、毎授業ごとに小テストがあったので、そのための復習をする習慣ができたと思います。
東京医科歯科大学 歯学部 T.Kさん 智辯学園奈良カレッジ高校卒 研伸館は、通っている生徒のレベルが高いところがよかったです。受験勉強は、英数と過去問がすべてを決めると思っています。
鹿児島大学 歯学部 N.Hさん 神大附属中等教育学校卒 研伸館は先生と生徒の距離が近く、すぐに質問できるところがよかったです。先生からアドバイスをいただいたおかげで、難しい問題ばかりするのではなく、基礎から丁寧に、分からなかったら教科書からもう一度するという学習方法が身につきました。
大阪医科薬科大学 薬学部 M.Sさん 大阪府立箕面高校卒 自分からできるアドバイスとしては、研伸館の自習室は本当に便利だったので、家で勉強できないという人には本当におすすめです。特に長期休暇の間、平日と土曜日は毎日行っていたので、学年の上位2%の成績を取ることもできました!受験勉強では何度も壁にぶつかってしまうかもしれません。ですが、それでも自分自身のベストを尽くしてください!その先にあるのは間違いなく自分を照らしてくれる未来です!なので諦めないで頑張ってください!
京都薬科大学 薬学部 I.Aさん 京都女子高校卒 皆で勉強している姿を見ながら、個室にいる感覚で勉強できる研伸館の自習室がよかったです。また、定期的にテストをしてくださるので、そこで自分の実力を確認しながら勉強を進めることができました。
山口大学 共同獣医学部 T.Mさん 雲雀丘学園高校卒 夏休みは基礎をしっかりとやっていました。私の志望校は共通テストの配点が高かったので、冬休みや共通テスト前まではその対策をしていました。共通テストが終わってからは前期の志望大学の過去問を解いたり、問題集を使って演習をしていました。やる気がなくなった時は自分の志望大学のHPを見たりしてやる気を上げていました。研伸館での自習中に集中力が途切れてしまった時は、食事室を利用してリフレッシュするといいと思います。

国公立大学合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
大阪市立大学 法学部 T.Hさん 甲南女子高校卒 自分は夏休みが頑張る時というイメージだったのに、コロナで春にまとまった休みが急にできて夏休みは学校もあるという風に、予定が変わってしまって、始めるのがだいぶ遅くなってしまいました。予想問題(数学、日本史、理科)を解きまくって、「ここがムリ!」っていうところを探しました。また、とりあえず研伸館の授業をしっかりこなせばなんとかなりました。
大阪市立大学 法学部 M.Kさん 西宮市立西宮高校卒 本番は点数のことを考えすぎずにリラックスして受けると自分の実力を出し切れると思います。がんばってください!
大阪市立大学 法学部 N.Mさん 大教大附属池田高校卒 楽な方に逃げると必ず後悔します。第一志望に向かって、精一杯やりきってください。悔いのないようにがんばってください!
大阪市立大学 法学部 I.Yさん 兵庫県立尼崎稲園高校卒 自習室では周りの人たちがとても集中して勉強していたので、良い刺激になりました。毎日自習室に来て勉強すると決めていたことで、学力が伸びていると実感できました。
大阪市立大学 商学部 M.Rさん 兵庫県立神戸高校卒 英語だけは1,2年からしっかりやっておいた方がいいと思います。3年で巻き返すのは難しく、文系・理系ともに英語に時間をかける余裕はあまりないです。英単語は毎日少しずつ覚えるというより一気に大量に覚えてそれを復習する方が個人的には効率がよかったです。長期休暇はしっかり計画を立てて細かく目標設定をした方が、モチベーションが続きます。周りの友達と成績の状態を教え合いながら勉強すると、一人で抱え込まずに良い精神状態でいられます。
大阪市立大学 文学部 M.Sさん 奈良県立平城高校卒 オススメの勉強法は、ある程度基礎がしっかりに身についてきたら、積極的に過去問を解いてみることです。普通の問題集を解くのもとても大切ですが、やはり、実際の入試問題を解いてみることでしか得られないものはあります。特に、狙っている大学の過去問は遅くても夏休みの終わりまでに1年分はやっておいて、自分の今の実力との差を知っておいた方が良いです。学校や研伸館にはたくさん過去問があるので、ぜひ解いてみてください。
大阪府立大学 現代システム科学域 K.Yさん 兵庫県立御影高校卒 英語が苦手な人が多いので、高2の頃から単語だけでもやっておくべきだと思います。自分の集中力に自信があるなら早く始める方がよいです。あとは「何のために努力するか」ですが、人のためにとか家族のためにとか言ってたら、失敗したときに人を言い訳にしてしまうから、「自分のために頑張れ」と僕は思います。
大阪府立大学 現代システム科学域 Y.Dさん 奈良学園登美ヶ丘高校卒 僕の勉強法が皆にあてはまるかどうかはわかりませんが、自分はとにかく量をこなすようにしていました。共通テストのパック問題集などを30~50回分各教科ごとにこなしました。
大阪府立大学 地域保健学域 M.Kさん 奈良県立郡山高校卒 コロナの休校期間に、先生方から「いつもの夏休みは今」と言われ、基礎をやりこみました。夏休み頃に一度、二次試験の問題をやることで、自分のできない部分を確認し、秋からやるべきことを決めることができました。模試の復習は3回はやっていました。できるということをすり込むことで、自信にもつながると思います。自分は12月の共通テスト模試で目標に届いていませんでしたが、冬休み最後の追い込みで挽回できたので、模試の結果にあまり気をとられず最後までやり切ることが大切だと思います。
大阪府立大学 地域保健学域 A.Hさん 西宮市立西宮高校卒 高1・高2のうちに基礎を固めたり、苦手分野をなくしておくべきです。それをしておかないと、十分に演習に取り組めないし、不安が残ります。先生と相談するなどして、勉強プランを立てるのもいいかもしれません。スマホは百害あって一利なしです。電源を切るなり、親に預けるなりして、極力距離を置くべきです。小論文を入試に使う可能性がある人は、早め早めの対策をしておいてください。最後に、自分の体調と心を一番大事にしながら、受験を乗り切ってほしいと思います。
大阪府立大学 地域保健学域 H.Rさん 小林聖心女子学院高校卒 私自身、受験期で一番勉強できたのは夏休みだと思います。夏休みは1日の時間割を決め、朝から毎日研伸館に通うことで、集中して取り組むことができました。時間がいつもよりたくさんあるからこそ、1つの教科に時間をかけすぎてしまいがちですが、その日の夏期講習の科目とのバランスを考えながら、計画的に自分の時間割を決めることで、勉強がスムーズに進みました。また、わからないところを残して授業を終えたり、苦手な分野を放置したままにすることは、せっかく研伸館に通っているのにもったいないことです!!自分が理解できるまで先生に聞きに行ってください。
大阪府立大学 地域保健学域 H.Mさん 兵庫県立鳴尾高校卒 夏休み中はずっとアプリを活用して、1日10時間勉強することを目標に取り組んできました。集中できない時でも、音楽を聴きながら勉強時間を増やそうと努力しました。私自身、自分に自信が持てないタイプでしたが、友達と助け合うことで受験を乗り越えられたので、友達を大切に勉強を頑張ってください。
大阪教育大学 教育学部 M.Sさん 兵庫県立御影高校卒 最後まで諦めずに志望校を目指してほしいと思います。私自身共通テストの判定はE判定でしたが、二次試験で挽回して第一志望の国公立に合格することができました。先生方にたくさんアドバイスをもらいながら、自分が後悔しないような選択をしてほしいと思います。受験勉強は長期戦なのでたまに息抜きもしながら、毎日コツコツ頑張ってください!応援しています!
大阪教育大学 教育学部 K.Mさん 大阪府立池田高校卒 勉強を始めるのが遅かったのが、一番自分の悪かった点だと思うので、早めに基礎を固める方がいいと思います。早めにやったことは後になって忘れてしまうけれど、2回目もう一度勉強したら定着しやすいので、早めに反復できるようにしておくのは大事だと感じました。
奈良女子大学 理学部 S.Mさん 近畿大学附属高校卒 私は家では集中できなかったので、必ず研伸館に来て勉強していました。研伸館に来ると目標に向けて頑張っている仲間がたくさんいるので頑張ろうと思えました。また研伸館のテキストをやり直すと、かなり力がつくと思います。私は共通テストの受験会場に行くだけで、ストレスや不安で精神的ダメージを受けました。それに打ち勝つような精神を培う1年にしてください。応援しています。
兵庫県立大学 工学部 Y.Tさん 兵庫県立御影高校卒 研伸館のテキストを復習することはためになります。研伸館では、「考えること」を授業を通して教えてくださったので、「考える力」が身についたと思います。また、部活選びは大切です。
兵庫県立大学 国際商経学部 O.Rさん 神戸海星女子学院高校卒 研伸館には安心して利用できる自習室や食事室があるし、とても駅から近いので、テスト前だけでなく学校の帰りに少し寄ったりすることもできました。おかげで、集中して勉強を捗らせることができました。長期休みの部活が無い日は、せっかく自習室が早くから開いているので、午前中から研伸館で勉強するのも良いと思います。今はコロナの感染拡大の影響で学校行事も勉強も思うように行かないこともたくさんあると思いますが、支えてくださる周りの人に感謝しながら、自分に今出来ることをこなしてほしいです。分からないことがあったら、研伸館の先生方にすぐに質問するようにしてください。
兵庫県立大学 理学部 S.Mさん 兵庫県立神戸高校卒 ひたすら自分で小テストをして今の学力を確認したり、とりあえずこれだけ完璧にしようと決めて、こまめに目標を作っていました。
神戸市外国語大学 外国語学部 Y.Kさん 西宮市立西宮高校卒 研伸館の英語の授業は、必死に授業についていこうと思えるような迫力ある授業でした。行きたい大学が見つかると勉強が楽しくなります!私は自主的に勉強に臨むようになりました。
神戸市外国語大学 外国語学部 O.Cさん 神戸市立葺合高校卒 夏・冬休みは自分の学習計画を紙に書いてその通りに行動することをおすすめします。長い休みになると友人とも会わなくなるし、だらけがちになるからです。そしてこれを習慣づけることで、後々自信へとつながります。受験勉強において自信は本当に重要です。日本史は、研伸館の授業内で出来事の起因と流れを理解し、分からないところがあればすぐに先生に聞いて、完全に理解することが重要だと思います。語句の暗記よりも、私はそこを重視していました。
神戸市外国語大学 外国語学部 Y.Hさん 兵庫県立宝塚西高校卒 夏休み(遅くとも11月)から毎日、研伸館の授業で先生が解説してくれた英文を音読することです。世界史は、冬期講習も終わって全範囲が終わったら、白地図帳で頭の中を整理したり、世界史の先生と口答で一問一答をしていただいたりして、知識を整理することができました。
京都工芸繊維大学 工芸科学部 M.Yさん 親和女子高校卒 受験に対して不安はいっぱいあると思うし、成績が上がらなくて悔しいこともあると思うけれど、本番は一回きりです。その本番で成功できればいいと思うので、それまでは失敗癖をつけないように頑張れるだけ頑張れば良いと思います。勉強は楽しくないことの方が多いと思うけれど、めげずに頑張ってください!応援しています!!
京都工芸繊維大学 工芸科学部 K.Kさん 大阪府立千里高校卒 どうしても周りが気になってしまうかもしれませんが、できるだけ気にせずに自分を貫いた方がいいと思います。自分がわからないと感じたところは、必ず先生に聞くなり調べるなりして、時間を使っていいので解消してください。
京都工芸繊維大学 工芸科学部 Y.Gさん 桃山学院高校卒 夏休みは、2学期から入試問題を解くために苦手を潰す最後の機会だと思って、全力で苦手と向き合ってください。冬休みは共通テストの問題を時間を計って解いて、志望校までの距離を縮めてください。静かな環境で勉強したい時は研伸館の自習室を利用してください。
東北大学 工学部 K.S.さん 西宮市立西宮高校卒 家で勉強できないタイプだったので、本当にずっと研伸館の自習室にいました。共通テストと二次試験では、自分は共通テストの方が圧倒的に怖いと感じたし、緊張したと思います。第一志望に受かったら最高です。人生で1番うれしいです。その気持ちを味わうためにも、受験勉強は頑張ったほうがいいです。
北海道大学 総合入試(理系) K.Tさん 洛星高校卒 僕は数学が非常に苦手でしたが、夏からは理科の勉強にシフトしました。現役生は理科が間に合わないことが多いので、理科を得意にすればライバルに大きな差をつけられると思います。化学は夏休み~9月で理論を2周、無機・有機を1周ぐらいできたら良いと思います。自分に合う参考書や問題集を一つ見つけてその一冊を極めることを意識すれば、自然と成績は上がります!それはどの教科でも同じことだと思います。
名古屋大学 経済学部 O.Yさん 西宮市立西宮高校卒 やるべきことを感情抜きにしてやっていく。一問一問にひたすら取り組んでいく。自分の周りの人たちのレベルは大事なので、できるだけ勉強をストイックにする人たちといるようにして自分の基準も上げていくことも大切です。模試で思うような結果が出なくても、改善の余地があると捉えて、次へとすぐに切り換えことです。でも、連続して悪いのなら、それが自分の実力だと受け止める勇気も大切です。
九州大学 共創学部 M.Mさん 雲雀丘学園高校卒 長期休暇期間には苦手科目の克服を重点的に行うべきだと思います。また、予定や目標を立てることは常に意識してください。特に目標の立て方にはコツがあってSMART Good(Specific,Measurable,Achievable,Reality,Timely)を念頭に置くことが肝要です。つまり、あまりに大きなことを目標に掲げてもしんどくなってしまうから、前述の5つの英単語が示すように、具体的でかつ達成度のわかる明快な指標を定めた、現実的で短期間に設定された無理のない目標を立てるのです。
岡山大学 工学部 S.Yさん 兵庫県立御影高校卒 研伸館の自習室を利用する人が多いので、そこに行くと自然とがんばろうと思えたし、集中しやすかったです。
岡山大学 工学部 K.Kさん 兵庫県立神戸高校卒 勉強する上でスマホは便利な点もあるけれど、使いすぎると勉強に身が入らなくなってしまいます。勉強するときは自分を律して、スマホの使い方に気をつけて勉強するべきです。受験勉強は大変ですが、無理せずに頑張ってください。
岡山大学 農学部 M.Aさん 西宮市立西宮東高校卒 夏休みはあまり期間が長くなかったので、学校の補習や塾の復習と苦手な所の勉強をしていました。冬休みはセンターの過去問と共通テストの対策問題集をしていました。受験はずっとしんどいですが、共通テスト後が一番しんどいです。自分が目指している大学の入試が終わるまでペースを崩さないように頑張ってください。
広島大学 工学部 H.Tさん 西宮市立西宮高校卒 今年は新型コロナウイルスの影響で4~6月が休校になり、自分から意識しないとなかなか勉強に集中することができませんでした。しかし、周りの友人が頑張っている姿を見て、自分もエンジンをかけることができました。どんなきっかけでもいいので自分でやると決意すれば、必ず続けられると思います。受験勉強をする中で志望校がぶれることがありましたが、志望校に固執せず、「とにかく自分の苦手をできるだけなくそう」と努めたことで精神的にも安定しました。
愛知教育大学 教育学部 F.Tさん 奈良女子附属中等教育学校卒 とりあえず家で勉強できない人は研伸館の自習室に駆け込むと良いです。自習室では周りも本当に真剣に勉強に打ち込んでいてサボれない雰囲気があるから勉強が捗ります。部活については自分が後悔しない時期までやり切ってください。最後まで部活をやりきった人はその後の勉強も必ずうまくいきます。
山梨大学 生命環境学部 A.Sさん 奈良県立平城高校卒 メリハリをつけて勉強してください。勉強を続けるために休憩はしっかりとることです。つらいと思ったら負けです。わからない問題があっても「うわ、また分からへん」とかではなく、それを楽しむように取り組むことが一番大切です。なかなか友達と会えなかったり、人と話せなくなったりしてさみしくなっても、自分でモチベーションは保つ工夫をしてください。
金沢大学 理系一括入試 T.Kさん 西宮市立西宮高校卒 1日の勉強する時間を決めたり、1日にやることを決めたりするなど、できるだけ早く自分に合った勉強法を見つけてください。
滋賀大学 経済学部 U.Tさん 奈良県立郡山高校卒 研伸館の自習室を積極的に利用してください。勉強や進路で少しでも困ったことがあれば、先生やサポーターの方に早めに相談すること、すき間時間を活用することが大切です。
三重大学 生物資源学部 M.Kさん 奈良県立郡山高校卒 オススメの勉強法は、勉強する場所を決めておくことです。私は研伸館の自習室でしたが、「ここに来たら集中力めっちゃ上がるぜ!」っていう場所を決めたら良いと思います。また受験勉強において、「下を見て笑うな、上を見て悔しがれ!」というのは大切だと思います。同級生で憧れの受験生を探すのも良いかもしれません。あと、勉強を勉強と思わず、修業とか、ゲームとか、他のものに考えなおすと少し気持ちが楽になるかもしれません。

早慶上・ICU・関関同立合格者からのメッセージ

大学名・学部 名前 出身校 先輩からのメッセージ・おすすめの勉強法
早稲田大学 商学部 T.Yさん 四天王寺高校卒 研伸館の自習室は集中しやすいので、学校帰りに利用することをオススメします。研伸館はVODがあるので部活と両立しやすいです。推薦入試の際には、部活動と地域での活動がとても役立ちます。積極的に参加しておくと良いと思います。
早稲田大学 商学部 N.Kさん 洛南高校卒 頑張れ!自分を支えることができるのは自分だけです。最後まで自分を信じて努力し続けてください。
早稲田大学 政治経済学部 K.Yさん 同志社高校卒 何を為すにもまずやり方を考えることが大事です。また、やり方を考えるときも、目標にギリギリ届くやり方ではなく、目標より一段上のところを目指すことを考えて決めてください。ただ、予定はやらないと無意味なので、6割くらいの力でこなせる量を最低ラインとして設けてください。一番怖いのは受験数週間前から直前までにガス欠を起こすことなので、努力はしても酷使はしないように!自分の願望を自力で叶える練習と思って、頑張ってほしいと思います。
国際基督教大学 教養学部 N.Mさん 小林聖心女子学院高校卒 たくさんの研伸館の先生方にお世話になりましたが、特に印象深いのは中村祐介先生です。先生は一人ひとりの強みや欠点を自覚させてくださりながら、それぞれの進路に全力で向き合ってくださいます。私自身、先生と出会うことがなかったら今の進路ややりたいことは決まっていなかったと感じます。
関西学院大学 社会学部 K.Sさん 兵庫県立御影高校卒 もちろん一番重要なのは日々の勉強です。私立受験は科目数が少ないので基礎が少しでも抜けているだけで大きく合否に関わります。また受験は情報戦でもあります。私立大学は推薦も含め、本当にたくさんの受験パターンがあります。公募推薦や共通テスト併用方式など、どの方式で受験をするのが一番自分に有利か調べることも大切です。
関西学院大学 社会学部 S.Aさん 大阪府立豊中高校卒 長期休暇になると自分の苦手科目ばかりやってしまいそうになるけれど、得意科目も含め全教科勉強しておかないと成績は下がってしまいます。暗記科目はインプットだけではなくアウトプットもたくさんすることで頭に定着しやすくなると思います。夜寝る前にして次の日の朝にもう一度確認するというルーティーンを作ることがおすすめです。
関西学院大学 社会学部 S.Kさん 大阪府立豊中高校卒 受験は過去問に始まり過去問に終わるといいます。過去問を使い、志望校の問題や自分の力を知り、受かるための戦術をしっかり立ててください。また、受験前日まで成績は伸びます。過去問でなかなか点数が取れなくても、焦らずやり続けてください。また、研伸館の自習室で勉強することをオススメします。誘惑がないですし、集中して勉強に取り組むことができます。基本的に研伸館で出される宿題をし、授業を受け、自分の苦手なところを自分で克服する。そして過去問を解く。これをすれば、合格できます。頑張ってください。
関西学院大学 商学部 M.Mさん 兵庫県立西宮高校卒 研伸館は、自習室でも教室でもとても集中して勉強ができました。また、研伸館は担当の先生と実際に話すことができ、いつでも相談できるところがよかったです。しんどい時期はあると思いますが、精一杯頑張ってください。
関西学院大学 商学部 O.Yさん 兵庫県立御影高校卒 まず英単語と古文単語は高1の時からやっておくべきです。高3までにある程度完璧にできたら、高3で単語で苦しむことはありません。高3の夏休みに必ずやっておいた方がいいことは、自分が受ける大学の過去問を見てどんな形式で出題されるのかを確認することです。その確認をすることで夏休みの勉強の仕方が大いに変わります。
関西学院大学 商学部 S.Fさん 兵庫県立御影高校卒 夏休みは英・数・国の基礎を固め、冬休みは1つ1つの問題とよく向き合うようにしていました。学校帰りに毎日研伸館の自習室を利用していました。自習室に行っただけでも自分の自信につながり、勉強の習慣がつくので、まずは研伸館に行って勉強することを日常の一部にするといいと思います。共通テスト2年目、やはりまだまだどうなるか分かりません。ですが、教えてもらったこと、学んだことは、必ず結果につながると信じて勉強を続けてください。
関西学院大学 商学部 A.Sさん 三田学園高校卒 研伸館では周りのみんながレベルが高いので、その雰囲気・迫力がすごくモチベーションになります。研伸館で勉強することで、勉強の進め方を明確にできたこと、先生を思いきり頼ることができたこと、本番の入試への臨み方もきちんと身につけられたことがよかったです。
関西学院大学 商学部 K.Sさん 西宮市立西宮高校卒 夏休みや土日などは、開館から閉館まで自習室にこもるようになりました。たまにはちょっと遠くまで歩いて友達とご飯を買いに行くと息抜きになります。あと、ご飯を食べるときは合格後の春休みの話をずっとしていて、合格後のことを考えることでモチベーションを保ちました。
関西学院大学 法学部 S.Kさん 兵庫県立御影高校卒 日本史の文化史は建物や絵、仏像を名前だけ覚えるのではなく、一つ一つ資料集の写真を見てどんな作品かを名前と見た目の両方で覚えると忘れにくいです。受験勉強は辛いし嫌になるけれど、避けて通れません。私は好きな教科から勉強し始めたり、単語など楽なものから勉強したりするようにしていました。勉強方法は人それぞれなので自分に合ったものを探してみてください。受験はつらい分、合格後は絶対楽しいはずです。
関西学院大学 法学部 I.Hさん 明星高校卒 英語の文法はしっかりと固めましょう。大きな自信につながります。また長文読解の際、いちいち戻らずに、一度で前から後ろに読めるようになりましょう。大幅な読解の時間削減になります。過去問では、問題の解く順番を決めておきましょう。焦らず、テンポ良く進めます。
関西学院大学 教育学部 T.Rさん 大阪府立高津高校卒 「勉強の味変」がとても大切です。例えば数学(とりあえず解く系の強化)をして、疲れてきたり飽きてきたら、社会(暗記系)をして、また疲れてきたら理科(解く系)…とたくさん解く系の教科と暗記系の教科を交互に繰り返すことで、効果的に勉強できました。あと、1人で黙々と勉強するのも良いけれど、暗記系の科目は友達と話しながら勉強すると意外と記憶に残るので良いと思います。
関西学院大学 建築学部 K.Rさん 大阪府立池田高校卒 一番大切なことは自分を信じることだと私は思っています。周りの人が諦めているような雰囲気でも、自分だけは自分を信じてほしいです。苦手な教科は後回しにせず、早い段階で向き合っておいたほうがいいです。後回しにすればするほどしんどいし、間に合いません。とてもしんどいと思いますが、適度に息抜きをして特に体調面で無理しない程度に頑張ってほしいなと思います。
関西学院大学 工学部 T.Fさん 京都女子高校卒 研伸館で学ぶことで、長時間勉強する集中力が身につくとともに、早くから自分の実力を客観的に見ることができるようになりました。いつ何が起きてもいいように常に勉強しておく必要があります。高2頃は焦りからいろいろな講座を取りたくなりますが、授業を詰め込みすぎても成績は上がりません。無理のない勉強をするようにしてください。
関西大学 法学部 Y.Sさん 西宮市立西宮高校卒 とにかく無駄をなくして勉強に使える時間と体力を確保するようにしてください。あとは諦めずに最後までやり抜くだけです。
関西大学 経済学部 G.Dさん 西宮市立西宮高校卒 夏休みまでは徹底的に基礎を固めることが大事です。英単語は夏休みが終わるまでにぼん単を2000まで暗記することを強くおすすめします。研伸館の自習室にはほぼ毎日行き、同じ席に座っていました。やはり習慣化することが大事です。研伸館には自分よりレベルの高い人がいると思いますが、自分の生活リズムや勉強計画を崩さず、焦らずに勉強を進めてください。現役生は最後の最後まで伸び続けます。頑張ってください。応援しています。
関西大学 社会学部 K.Mさん 西宮市立西宮東高校卒 4~7月は模試の判定を少し気にして勉強のやる気につなげるのが良いのかもしれないけれど、9月以降は模試の判定は気にしすぎず、過去問の出来具合・点数を気にかけて、最後までやりきるのが良いと思います。
関西大学 社会学部 K.Fさん 神戸市立葺合高校卒 夏休みには各教科の単語、英語の長文、現代文、古文の問題をひたすら解いていました。古文は特に、試験当日に知っている問題が出たのでたくさん演習することは大切だなと思いました。夏は特に、解くだけでなく“直し”も丁寧にすることが大切だと思います。いろいろな人から勉強法を聞いたりしたけれど、最終的には自分に合った勉強法を見つけることが大事だと感じました。
関西大学 社会学部 M.Nさん 兵庫県立鳴尾高校卒 私は研伸館に通ってとても良かったと思っています。とても良い先生がいますし、自習室も快適なのでモチベーションが上がりました。担当の先生はいつでも話を聞いてくださるので、色々なことをしっかり決定できたので良かったです。いつでも分からないことがあったら研伸館の先生に頼ると良いと思います。受験勉強はとても大変だと思います。努力したら努力した分だけそのまま返ってくるとも限らないと思い、不安にもなります。それでも私が合格できたのは研伸館のおかげだなと感じました。一生の中で大切な時期なので大切にしたら良いと思います。
関西大学 商学部 N.Tさん 兵庫県立宝塚西高校卒 一般的な受験生のエンジンが掛かり始めるのが夏休み頃と聞いていたので、自分は受験生が夏休みにやるような内容を3年生の4~6月早めに始めるということをしました。具体的には英語・国語で言うなら、単語・熟語などの暗記、社会は1・2年の内容を集中的に行って、夏休みは基礎固めよりもその基礎をさらに応用させることを意識しました。結局受験はコツコツと取り組んできた人が受かるので、自分の力を過信せずに、毎日1時間でも机に向かうことが大切だと思います。
関西大学 化学生命工学部 Y.Kさん 清風高校卒 毎日コツコツ勉強していれば大丈夫だと思います。今の勉強のやり方で大丈夫なのかと心配になる人も多いと思いますが、その時は、一人で悩みを抱えずに、学校の先生や塾の先生に必ず相談してください。また、得意科目の勉強も大切ですが、苦手科目の勉強もがんばってください。その方が成績は上がりやすいです。これからも、自分に負けずに勉強を頑張ってください。
関西大学 化学生命工学部 M.Rさん 京都市立西京高校卒 研伸館の先生は進路相談にもとことん付き合ってくださいます。親身になって相談に乗ってくださった上で、最善の方法を教えてくれるので、納得がいくまで悩んでも大丈夫です!!
関西大学 外国語学部 N.Kさん 西宮市立西宮東高校卒 少しでも暇があるときは研伸館の自習室に来て勉強したらいいと思います。自分は家で集中できないので毎日通っていました。やる気がなくても“塾”という環境に置かれるだけで自然と勉強するようになります。また、英検などの外部試験は受けておいて損はありません。私大の入試だととても有利に使えて周りと差をつけることができます。1年間の猛勉強はしんどかったですが、終わった後の開放感もあるので、自分の志望校に向けて頑張ってください!
関西大学 政策創造学部 Y.Sさん 西宮市立西宮東高校卒 苦手なことも後回しにせず、本当に少しずつでもいいからやっておくことが大切です。また、周りと比べて焦らない方がいいです。夏に周りの人の勉強法やYoutubeの勉強法とかを見て、自分は遅れているし、無理だと思っていたけれど、先生に相談したり、友達にも相談して、大丈夫だと励ましてもらえたおかげで、自信がつきました。悩んでいたり、焦っていても変わらないし、その時間に勉強した方が絶対に良いと思います。
関西大学 総合情報学部 N.Mさん 京都府立洛北高校卒 全力でやらないと後悔すると思うので、気を抜かないで頑張ってください!
同志社大学 法学部 U.Bさん 兵庫県立西宮高校卒 英単語は極めたら極める分だけ英語ができるようになります。自習室は毎日最初から最後までいるようにしましょう。受験は頑張った分だけ点数に表れる、最も平等な戦いだと思いました。直前になって、「これだけやってきたんやから、人に負けるはずないわ」って本気で思えたら、その時点で勝ちだと思います。自分のやってきたことを信じて、最後まで頑張ってください。
同志社大学 法学部 Y.Mさん 西宮市立西宮高校卒 受験勉強をしてる時は、この先もずっと一生勉強するんや…という気分になりますが、必ず終わりは来ます。限られた期間で志望校だけを見て、一生懸命がんばってください。ついつい勉強した量ばっかり気にしがちだけれど、質を高めることを目指してください。最後は自分の「勉強やりきった!」という気持ちが励ましになりました。しんどい時は甘い物でも食べて友達と話してください。
同志社大学 法学部 K.Yさん 西宮市立西宮東高校卒 電子辞書でも、紙の辞書でもよいので、辞書を使うことはおすすめです。分からない単語はすぐに引いてください。そしてアンダーラインを引いてください。単語帳だけでは分からない意外な意味を知ることができます。あと、先生にはすぐ相談した方が良いです。頑張ってください。
同志社大学 経済学部 M.Tさん 兵庫県立御影高校卒 分からない所は何度も復習し、解説を何度も読み返して、自分に落とし込むことが大切だと思います。これをすることによって弱点を確実に潰すことができます。特に模試は自分の弱点がわかる良い機会なので、解いた問題はその日のうちに解き直すことがオススメです。普段の勉強では集中力が続かない方だったので、時間を決めて短いスパンで休憩をはさんでいました。自分がどれだけ集中力がもつのかを把握することはとても大切です。最後まで絶対に諦めないでほしいです。
同志社大学 経済学部 W.Sさん 兵庫県立御影高校卒 私は早いうちに志望校を絞っていたので、それに向けて勉強を組み立てていけました。志望校を早く決めろというわけではありませんが、大学の情報は自分から積極的に集めに行かないと本当に集まりません。勉強でもためらわず先生に質問してください。能動的な姿勢は必ず役に立ちます。あと、四六時中勉強をしようと思わないでください。ご飯やお風呂の時にまで勉強せず、しっかりそちらに集中してください。一つ一つのことに集中することが結果的に自分のためになります。たまには息抜きもしましょう。
同志社大学 経済学部 F.Mさん 大阪府立池田高校卒 高2まで、池田高校学年360人中200人以下で、部活を高3の9月下旬までやっていたけれど、研伸館の先生の話を聞き、毎日頑張って勉強した結果、同志社に入学することができました。誰にでもチャンスはあると思います。がんばれ!
同志社大学 経済学部 Y.Sさん 洛星高校卒 模試で失敗したときに、自分の手帳に「今考えていること」「なぜこの点数になったか」「次何をすればいけないのか」を書きつくしました。そうすることで精神が安定し、自暴自棄にならずに済むと思います。また、研伸館の自習室を使って勉強することはとても良いことなのですが、そこでしか勉強できなくなってしまうと強制的に周りの同調圧力がないと勉強しなくなり、内的動機から勉強することができなくなります。なので、徐々に家でも勉強できるようにシフトしていくと良いと思います。
同志社大学 社会学部 Y.Yさん 兵庫県立国際高校卒 研伸館の英語の授業では、単語や文法だけでなく、背景知識も教えてくださいました。おかげでより深く長文を理解することができました。当たり前のことではありますが、受験勉強では「絶対にあきらめないこと」が一番大切だと思います。
同志社大学 商学部 N.Hさん 大阪府立池田高校卒 夏休みまでは暗記するものは全部覚える勢いでやるべきだと思います。日本史は焦らずしっかり流れを意識して覚えると良いです。夏休み、英語は長文を解くのも大事だけれど、文構造、単語、語法を中心に覚えるべきです。冬休みになったらなるべく多くの英文を解いて読むスピードを上げると良いです。国語は苦手科目というのもあって浮き沈みが多かったのですが、上手く読めなかった時こそ、抽象文、具体例を分けて落ち着いて読むことが大事だと思います。直前期はひたすら過去問で慣れるようにしていました。
同志社大学 文学部 E.Jさん 兵庫県立芦屋国際中等教育学校卒 僕は、研伸館に通うことで努力の大切さを思い知りました。研伸館は、先生と生徒の距離が近く、先生の対応が丁寧だったこともあり、勉強がはかどる場所でした。
同志社大学 政策学部 U.Kさん 神戸市立葺合高校卒 塾に通い始めてからはとにかく自習室を利用しました。夏休みはほぼ毎日朝から晩まで自習室で勉強していました。勉強しているときにはなかなかわかりませんが、受験本番でそのときに学んだことが出題され、初めて無駄ではなかったと実感しました。たとえ「こんなことが役に立つのだろうか」と思うことがあっても、やめずに続けてほしいです。自分は当日まで自信を持てずにいましたが、最後まで諦めなかったことで、合格をなんとか掴むことができました。受験は諦めないことが一番大切だと思いました。
同志社大学 政策学部 K.Kさん 帝塚山高校卒 第一志望校に受かるためには、過去問をたくさん解くことが一番だと思います。解き始めるまでに基礎を固めることが大切ですが、過去問から学んで自分の知識にできることもたくさんありましたし、実際5日間ほど同志社大学の試験を受けてみると、日本史では過去に出題されていたものが出ていました。それは過去問一冊に載っているものではなく、何冊も解いているからこそ得られた知識でした。逆に、過去問をやりこまずに試験に挑んだ大学は、模試でA判定が出ていても合格できませんでした。合否結果が出た今、さらに過去問の大切さを実感しました。
同志社大学 生命医科学部 H.Dさん 神戸市立葺合高校卒 自習室が開く時間には研伸館の校舎に来て勉強を始めるようにしました。同じ目標をもつ友達と気持ちを高め合い、継続的に勉強することが、第一志望校への合格や、それにつながるチャンスをつかむための道だと思います。高1からコツコツ勉強することで、夢を実現するためのチャンスを増やせると思います。
同志社大学 文化情報学部 M.Kさん 雲雀丘学園高校卒 私は1週間ごとにやることを決めて実行するように努めていました。ポイントは計画を「1日ごと」にしないことです。もし、月曜日体調が優れてなくて、目標に達することができなくても、次の月曜日までに取り返すことで、モチベーションを保っていました。私は、進路は自分で決めました。後輩の皆さんも、最終決定権は自分にあるということを忘れず(アドバイスを聞くのはありだと思います)、進路を決めてみてはいかがでしょうか?志望校合格に向けて、頑張ってください。
同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 F.Aさん 奈良県立郡山高校卒 一番伝えたいのは、自分を信じることの大切さです。そして、足りないと思うなら努力することです。結局努力しない人は受かりません。当たり前のことですが、これに尽きると思います。
同志社大学 グローバル・コミュニケーション学部 H.Jさん 仁川学院高校卒 僕は、英語の本番で9割取れました。高3からでも全然遅くないと思うので、英語は絶対に得意にした方が良いです。
同志社大学 スポーツ健康科学部 U.Aさん 兵庫県立芦屋国際中等教育学校卒 6月とか7月の模試の判定が良くても、調子乗らずに地に足つけて勉強をがんばってください。注意してほしいことは、研伸館の講座をたくさん取ることは悪くないのですが、予習と授業受けることにいっぱいいっぱいになることがあるので、自分の出来る範囲を考えて、気をつけて講座選びをしてください。結局一番大切なのは、自分で勉強して賢くなることだと思うので、自習の時間を大切にしてください!
立命館大学 理工学部 S.Jさん 洛南高校卒 研伸館では定期的にテストがあったので、そこに向けて自分の目標を立てて、目標に向かって勉強できるようになりました。