研伸館の冬期講習 高1

「目指す、基礎学力の定着。」

大学入試改革による変化に対し、不安を抱いているかもしれませんが、入試が変わっても、「基礎学力」が重要なことに変わりはありません。

「復習と先取り」「必要な知識と運用力」「教科のバランス」の3つのバランスが大切です。

一つひとつの分野・単元を着実に身につけ、地道に土台を固めていく者のみが、学力向上を成し遂げ、ひいては2年後の現役合格にたどり着くことができます。

この冬から、研伸館ではじめましょう。

Point1
復習先取り

基礎学力を定着させるために大切なことは、今までに習った内容は確実に理解し、未習内容もしっかり先取りする、ということです。そのために、復習と先取りを最適なバランスで行う必要があります。

冬期講習では、様々なレベルや進度、目的に合った講座を用意していますので、自分に必要な講座を選んで受講してください。


Point2
必要な知識運用力

「自分では解けなかったけれど答えを見ればわかった」という経験、皆さんもあると思います。それは、知識はあるけれど解き方がわかっていないという状態です。

知識は多ければ多いほど有利になりますが、大切なのは知識の「運用力」です。自力で問題を解けるようになるように、必要な知識とその運用力をバランスよく身につけていきましょう。


Point3
教科のバランス

大学受験で求められるのは、全教科バランスのとれた学力を身につけていることです。

文理の志望にかかわらず、英語と数学はどちらも重要度の高い教科となりますので、まずは英語と数学からバランスよく勉強を始めてください。

そして余力のある人は、ひと足早く国語や理科の勉強にチャレンジしてほしいと思います。


1生のクラス設定

「学習進度×学力レベル」で、あらゆる生徒にベストフィット、難関大学現役合格を確実なものに。

特別選抜S 東大・京大入試を俯瞰して、速く、深く最難関大へ
SA 京大・阪大・医学部に通用する学力を養成する
SB 阪大・神大現役合格を目指す
SR 京大・阪大・医学部現役合格を目指す
(国公立高校生・私立高校入学生)
SK 阪大・神大・その他現役合格を目指す

高1生へ。業生の声

東京大学 理科Ⅱ類 現役合格

高1のうちから研伸館の自習室に通い、自分で勉強する習慣をつけておいたことが良かったです。

大学受験に対する意識が高い人が多いので自分も負けていられないという競争心から勉強に対するモチベーションを高められました。

京都大学 医学部医学科 現役合格

冬期講習の「高1英語特別選抜S」を受講し、短期間に集中して長い時間英語に取り組むことで、授業の中で成長することができたと思います。

冬休みの他の予定もこなしながら、力を伸ばすことができました。

京都大学 文学部 現役合格

研伸館のカリキュラムやテキストは、無理なく上の段階を目指していけるものになっていました。

とにかく授業についていくことを考えて勉強していれば自然と模試や学校でも成績が上がっているのはすごかったです。

大阪大学 工学部 現役合格

研伸館の数学の授業では基礎的なことを丁寧に教えていただきました。

高1から授業を受けることで周りよりも早く数学を進めることができ、高2からの演習の問題を解きやすくなりました。

大阪大学 文学部 現役合格

研伸館の授業を受け、数学の本質と単元ごとのポイントを身につけられたことで、どんな問題もそのポイントを使って解けるようになりました。

おかげで数学への苦手意識も払拭できました。

神戸大学 経営学部 現役合格

研伸館の高1の授業は基礎の部分から丁寧に教えてくださったので、基本の考え方がしっかり身につきました。

基本ができたおかげで苦手分野もなくなり、高2、高3の学習につながりました。

大阪府立大学 生命環境科学域 現役合格

高1の時から研伸館に通っており、先取り授業だったので、数学の成績は常に高得点をキープすることができました。

おかげで他の教科の勉強に時間を割くことができました。

滋賀医科大学 医学部医学科 現役合格

部活をしているとどうしても時間の都合がつかない授業ができてしまいますが、研伸館のVOD受講システムのおかげで受けたい授業を受けたい時間帯に受けることができました。

おかげで、部活との両立ができたのが良かったです。

冬期講習2019デジタルブック

冬期講習2019のカリキュラムおよび要項は、以下のデジタルブックをご覧ください。

冬期講習受講案内2019

冬期講習2019受講案内

PICK UP!

冬期講習で多くの講座を受講して実力UPをはかりたい高校生へ!

冬期講習で4日間講座につきましては、「5~7講座」、「8講座以上」はそれぞれ同学費で受講できます。

講座をたくさん受講して実力UPをはかりたいという高校生を応援するような料金設定となっております。

受講料の詳細は、デジタルパンフレットまたは、学費ページをご覧ください。

教室や自習室を見学!

研伸館京都校の教室

研伸館京都校の受付と情報スペース

お申込みから受講まで

1受講講座を決める

ご不明な点、お悩みの点等ありましたら、各校の進学アドバイザーにお気軽にご相談ください。

よくあるご質問を見る

2お申込み

窓口での申込の場合

冬期講習申込書を受講希望校舎に提出してください。申込書

受付時間※受付時間は、校舎により異なる場合がございます。
12/15(日)まで
〈月~土〉13:00~19:30
〈日・祝などの休講日〉9:00~17:30
12/16(月)~1/7(火)〈冬期講習期間〉※休館日除く
11:00~19:30

FAXでの申込の場合

冬期講習申込書を受講希望校舎にFAXしてください。申込後、申込校舎より確認のお電話をいたします。申込書


WEBでの申込の場合(校外生のみ)

「冬期講習申込ボタン」よりお申込ください。申込後、申込校舎より確認のお電話をいたします。冬期講習申込ボタンへ

申込締切 各ターム開始日の3日前 19:30(Dタームは12/31(火)締切)
お問合せ先 申込校舎

3学費納入

申込後、「学費等お振込のご案内」を郵送いたします。期限(学費等お振込のご案内に記載)内にお振込ください。

4ガイダンスとテキスト配付

校外生の方を対象に、講習受講ガイダンスおよびテキスト配付を行います。日時は、お申込後、当校よりお知らせいたします。

ガイダンスに出席できない場合はご連絡ください。また、遠隔地にお住まいの方や、ガイダンスに出席できない方のために、テキストの宅配郵送(料金受 取人払い)をいたします。ご希望の方は、お申込の校舎にお問い合わせください。(申込日によっては宅配できない場合もあります。)
一部、テキスト授業配付の講座もあります。

5冬期講習受講

講習の授業初日は、5分以上前に校舎に来て、まずは掲示物もしくは受付にて受講講座の教室を確認してください。そして教室前に貼ってある座席表を確認してください。

講座の追加申込について

各ターム開始日の3日前まで受付いたします。お申込の校舎にて、講習変更届を提出してください。

その他ご相談がありましたら、お気軽に校舎までお問い合わせください。


講座選択について迷っている方は、下記受講相談フォームよりお気軽にご相談ください。研伸館より折り返しお電話を差し上げます。