iVOD受講システム

iVOD受講システムとは

iVODとは「ビデオ・オン・デマンド」の略称で、研伸館の教室授業を自動収録し、オンデマンドで自分の都合に合わせて受講できるシステムです。西宮校・上本町校・学園前校・京都校の全授業を、授業日翌日より全校舎で視聴できます。

立地的・時間的に教室では決して受講できなかった授業も、iVODを利用することで何の制約もなく受講することが可能です。

こんな時、iVOD 受講システムをご利用ください。

部活で遅くなってしまうので、受けたい授業に出席できない…

年間通してのiVOD システムで希望講座を受講する「レギュラー受講」で、自分だけのスケジュールを組んで学習を進めることができます。これにより、部活と勉強の両立が可能になります。

風邪で講義を休んでしまった。その日の内容がすっぽり抜けてしまうのが心配…

教室授業の受講者が欠席用や復習用に必要な回の講義だけをiVOD で受講する「スポット受講」。これを利用すれば、やむを得ず休んでしまっても、授業に遅れずについていくことができます。

研伸館に入学する前の授業を受けたい

途中入学や、途中から受講を開始した際に、受講していない過去の問題をiVODで受講する「リカバー受講」。これを利用すれば、過去の内容を一気に速習することができます。

研伸館の映像授業システムはここが違う!

授業を担当している先生に直接質問ができる!

iVODで受講してわからないことが出てきたら、教室にいる担当講師に直接質問ができます。さらには答案の添削をしてもらうことも可能で、視聴ブースで授業を受けること以外は、教室で受講するのと何も変わらないのです。

集中して視聴できるiVOD視聴専用個別ブースをご用意!

自宅のパソコンで視聴する映像授業だと、なかなか自分で視聴スケジュールを管理できず、ついつい怠けてしまいがち…ということになってしまうかもしれません。研伸館のiVOD受講システムは、校舎に来て専用の視聴ブースで視聴するので、決まった時間内で集中して受講できます。

教室授業と組み合わせて効果的な学習を!

「部活が忙しい日の英語の講座はiVODで、部活のない日の数学の講座は教室で」などという受講の仕方が可能です。1週間のスケジュールを自分で立て、無理のない学習を進めていくことができます。

受講パターン

受講パターン 内容 活用例
レギュラー受講 通常の教室授業と同様、年間カリキュラムに沿って講義を継続受講する。 ●クラブなどで曜日・時間帯の都合が合わないので、教室ではなくVODで継続受講する。
●学校行事や補習などでどうしても日程が合わない講習授業を、まるごとVODで受講する。
スポット受講 該当月期の教室授業の受講生が、欠席した授業を(または復習のため)iVODで1回分受講する。 ●風邪や学校行事などで欠席した分の講義をVODで視聴する。
●一度教室で受けた授業を、復習や校内試験対策のためもう一度VODで視聴する。
リカバー受講 年度途中からの受講生が、過去の受講していなかった授業(原則月単位)をiVODで受講する。 ●年度途中からの教室授業を受講するため、それ以前の受講していない教室授業をVODで視聴する。