新高1生が大学受験を迎える2020年度から大学入試が大きく変わります!

皆さんが大学受験をする2020年度は、大学入試改革の初年度です。大学入試で求められるものがどう変わるのか。そして、どのような試験になるのか。不安に思っている人も多いのではないかと思います。

でも、心配しないでください。
研伸館は約40年にわたり高校生に対する大学受験指導を行う中で、学問の本質を追求する姿勢を貫いてきました。

そして研伸館は今後も、従来大切にしてきた本質を守りつつ、新時代に向けた課題に挑戦し続けながら、進化していきます。
そして新入試には充分な準備をして臨めるよう、皆さんをサポートします。

入試はどう変わるか?

センター試験はどう変わる?

「センター試験」に代わって2020年度からスタートする「大学入学共通テスト」。この新テストの導入にあたっては、今まで重視されてきた「知識・技能」だけでなく、大学入学段階で求められる「思考力・判断力・表現力」を中心に評価するという考えがベースにあります。

では具体的に今までのセンター試験と何がどのように変わるのでしょうか?
現行の「センター試験」と「大学入学共通テスト」を比較してみましょう。

ここが変わる!大学入学共通テスト

現行のセンター試験からの大きな変更点として、センター試験にはなかった記述式問題の導入と、英語について 4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価することが挙げられます。

※CEFRとはCommon European Framework of Reference for Languages :Learning, teaching, assessmentの略称で、「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ共通参照枠」と訳されます。CEFRのレベル分けは、初心者のA1から、その言語を母語としている「ネイティブ」に近いC2まで、6段階あります。


英語における大きな変革とは?

やはり、今回の改革の中心は英語になります。従来の「読む」「聞く」中心の入試を見直し、「話す」「書く」も加えた4技能を測ろうとしていますが、センター試験のような一斉試験だと、「話す」「書く」の評価が難しいため、4技能評価はTOEFLなど民間の資格・検定試験を活用して行うことが決まっています。そして、「CEFRの段階別成績表示」を大学に提供することになるのです。

これからの時代に求められるのは、「使える英語力」です。グローバル化は今後ますます進展し、多様な文化・言語をもつ人たちと共に生きる時代になります。よって今までの英語教育の結果である「何年も英語を勉強したのに話すことができない」という状態を早く抜け出さなければなりません。4技能を自在に使いこなせるようになれば、実際の場面で英語を使ってコミュニケーションを取ることもできるようになります。

スピーキング試験 ≠ 英会話

4技能の中でも特に、今までと比べて飛躍的に重要性が増し、かつ高校生が最も苦手意識を持ちがちなのが、「話す」力ではないかと思います。スピーキング試験を1回も受けたことがないという人もいるでしょう。

ここで知っておかなくてはならないのが、スピーキング試験≠英会話ということです。

・発音がキレイ ・文法的に正しい ・日常会話ができる ならOK!!
という訳ではありません。

スピーキング試験は、限られた時間で素早く思考し、与えられた時間を有効的に使いながら論理的に説明をするというスタイルで進められます。

身振り手振りや顔の表情を交えながら相手と言葉のキャッチボールをする英会話とは、大きく異なることを知っておいてください。

また、試験形態もデバイス機器を使ったスタイルにどんどん移行しています。従来の面接形式で行われていたような、「もう一度質問を言ってください」や「考える時間をもう少しください」などのやり取りは、過去の話となりつつあります。

よって、何よりも、

瞬時に反応する力説得力のある話し方

が必要であると考えられます。

これらを身につけるためにどのようなことを行っていく必要があるのでしょうか。

今から始める!英語4技能対策

2018年度から、研伸館では4技能対策の一環として、高1生の英語特別選抜S・S・SA・SKクラスの授業の中に、「スピーキングカリキュラム」を組み込みます。すでに実績のある「英語4技能PiCK-Intensiveコース」※のカリキュラムから、スピーキングメソッドを抽出しました。

実用的な文法学習と実践的なトレーニングを通して、スピーキングの力を身につけていきましょう。

  • 「英語4技能PiCK-Intensive」は、英語の4技能を学ぶことに特化した講座です。TOEFL, IELTS, 英検,TEAP, GTECなどの4技能試験や、国内の国際教養学部入試に対応可能な英語力を養成します。

研伸館のスピーキングカリキュラム

研伸館のスピーキングカリキュラムは、コミュニケーション能力の育成を重視した“ Communicative Approach(コミュニカティブアプローチ)” という教授法と、パターン学習を重視した“Audio-lingual Approach(オーディオリンガルアプローチ)” という教授法のいいとこどりをして中高生用にカスタマイズした、研伸館オリジナルのメソッドです。

実際にどんなことを行うのか?

スピーキングカリキュラムでは、3段階でスピーキング試験への対策を行っていきます。

  1. コミュニカティブ文法指導※
  2. 思考トレーニング
  3. 反復トレーニング(自宅学習)
  • 「こういう場合には、この文法を使う」というふうに実用的な形で学ぶ文法、これを「コミュニカティブ文法」とよびます。

スピーキングカリキュラムの一部を紹介!

Communicative Approach(コミュニカティブアプローチ)で知識の運用化

1コミュニカティブ文法指導

実用的な形式での文法指導を行います。

テーマ:過去の出来事”の説明

「○○していたら(背景)、△△なことがありました(事件)」という説明をする際は、「背景」に過去進行形、「事件」に過去形を使います。


2思考トレーニング

自分で答案を作り、音読してもらいます。
(?)の部分を自分で自由に想像して話してみましょう。その際、(1)で学んだ文法を正しく使えているかをチェックしましょう。

その他こんな思考力トレーニングも!瞬発的思考力のトレーニング例

Q(. テニス以外で)このボールを使うとしたら、どんな使い方がありますか。
3つ以上の例を挙げて、理由とともに英語で説明してみましょう。
【思考時間:15秒 解答時間: 30秒】

Audio-lingual Approach(オーディオリンガルアプローチ)で知識の自動化

3反復トレーニング(自宅学習)

正しい発音とイントネーションで答案を何度も音読練習。
類似問題で単語を入れ替えながら何度も発話練習をしてもらいます。

各コースが対応する4技能試験

TOEFL / IELTS / TEAP GTEC / 英検 個別学力検査
(大学別2次試験)
特別選抜S,S, SA, SK
英語4技能PiCK-Intensive △(国際系は対応)

授業時間の配分

【通常の講座】

※クラスによって、時間設定が異なる場合があります。

【4技能に特化した講座】

英語の4技能を集中的に学ぶ講座「英語4技能 PiCK-Intensive」

学生のつまずくポイントを熟知した英語科講師と、指導経験の豊富なネイティブ講師とのダブルコーチングで、100%の理解と充実感を目指します。クラス編成は学年別ではなく、「CEFR(セファール:コミュニケーション能力のレベルを示す国際標準規格)」に基づいて行っております。
詳細はイングリッシュスペースのサイトをご覧ください。

クラス 開講校舎 レベル目安
B2 西宮 英検準1級以上
Pre-B2 西宮/京都 英検2級(中級)~準1級
B1 西宮/京都 英検2級以上
A2 西宮/京都 英検準2級以上
「英語4技能 PiCK-Intensive」の詳細はコチラ