研伸館について

「わからなかったことがわかるようになる」これが勉強の基本ですが、私たちはさらにその先の「できるようになる」というところまで責任を持つ集団です。

研伸館高校生課程では、進度とレベルを考慮したクラス設定をしています。

それは、高校の範囲の学習を中学から始めた人もいれば、高校入試を経て初めて学習する人もいるからです。つまり生徒ぞれぞれの進み具合を考慮した上でクラス分けをし、授業を「学習進度×学力レベル」で綿密にプログラム化しています。そして専任講師が作り上げたオリジナルのテキストを使用して、中長期的な視野のもとに効果を計算しながら授業を進めていきます。

研伸館の授業では、表層的な受験テクニックの伝授や詰め込み式の暗記ではなく、すべての理解の根源となる部分―つまり「全体像」「因果関係」「考え方」など、幅広い問題解決力へとつながるところを重視して教えていきます。

これが、研伸館の重視する、ホンモノであり本質です。

授業担当講師には、他校舎で100名を超えるようなクラスを担当した経験のある講師がずらり。
大人数を感動させられる講師たちが、100人を教えるパワーで生徒達と相対します。教室内の全員の表情がつかめて、帰り道の電車の中で、全員の様子が浮かんでくる―「できる」ようになることを目的とした、そんな授業を実現します。

研伸館高校生課程デジタルパンフレット

総合パンフレット

総合パンフレット表紙

講座案内

講座案内-年間指導カリキュラム-表紙

パンフレット表紙をクリックすると新たなウィンドウが開き、パンフレットの内容がブラウザ上で閲覧できます。

※閲覧推奨環境に関しましては、デジタルパンフレット閲覧推奨環境についてをご覧ください。